#写真 #生活 #ブログ

spiralout’s diary

音楽、写真、日常をテーマに

102.2018年の写真を振り返る。

f:id:spiralout:20190216151824j:image
f:id:spiralout:20190216151954j:image
f:id:spiralout:20190216152104j:image
f:id:spiralout:20190216151941j:image
f:id:spiralout:20190216152046j:imagef:id:spiralout:20190216150644j:image
f:id:spiralout:20190216150751j:image
f:id:spiralout:20190216150807j:image

 

冬だけでも結構あるな(笑)。
f:id:spiralout:20190216150659j:image
f:id:spiralout:20190216150720j:image

このモノクロームの写真を撮った時に富士フイルムのxpro2、なかなかやるなと思いました。

 

階調が素晴らしい。

f:id:spiralout:20190216151031j:image

この写真が最も気に入っている写真ですね。

 

偶然だけど、オリオン座を見つめる感じがとても良いかな、と。

 

f:id:spiralout:20190216151657j:image


f:id:spiralout:20190216151208j:image
f:id:spiralout:20190216151001j:image

 

f:id:spiralout:20190216152428j:image
f:id:spiralout:20190216152333j:image
f:id:spiralout:20190216153037j:image
f:id:spiralout:20190216153048j:image

f:id:spiralout:20190216153535j:image
f:id:spiralout:20190216153527j:image
f:id:spiralout:20190216153542j:image

 

 

101.2018年の写真を振り返る。

早くも2月も中旬になってしまった。

 

実は来年から新築の家を建てようと思ったのだが、最後の最後で施工会社、つまり大工さんと住宅メーカーで火花を散らしあい、値上げを要求されてしまった。

 

住宅メーカーは許容範囲内でやっていたが、大工側が値上げを要求→1ヶ月の交渉で頓挫して最終的には値上げを受け入れ、建てる側のウチらに間取りを変えるか値上げを受け入れるかお願いします。と言われた。

 

年末に契約する打ち合わせが値上げを要求され、俺、キレまくる(笑)。

 

昔は大工さんは仕事をもらおうと設計事務所の言う事をなんでも聞いたが、今は立場が逆転してしまった。

 

 

大工さんの人手があまりに足りないらしい。

 

そこからは夫婦でケンカもしたし、寝ても覚めても家の事とお金の事しか考えられず、楽しい打ち合わせも何も楽しくなく、契約を破棄しました。

 

カミさんはずいぶん頑張って間取りを考えてくれたのに申し訳ない。

 

そして多謝。

 

でもこれでスッキリしました。そして函館のとある設計事務所に頼む事にしました。

 

 

1月は本当に写真どころではなく、もうカメラもお金かかるから買えないとか思ってしまった(笑)。

 

どんな家になるか、今度は自分も考えよう。

 

楽しみです。

 

というわけで、写真フォルダの整理のためにも昨年撮った写真の中でお気に入りをランダムでアップします。

 

f:id:spiralout:20190216144016j:image
f:id:spiralout:20190216144005j:image
f:id:spiralout:20190216144024j:image

f:id:spiralout:20190216144412j:image

f:id:spiralout:20190216144243j:image
f:id:spiralout:20190216144435j:image
f:id:spiralout:20190216144219j:image
f:id:spiralout:20190216144519j:image
f:id:spiralout:20190216144503j:image

 

f:id:spiralout:20190216144823j:image昨年は本当に今までで一番というくらい雪が多かった。

 

大変だったなぁ。

 

でも今年はかなり楽です。

f:id:spiralout:20190216144903j:image

 

f:id:spiralout:20190216144847j:image

 


f:id:spiralout:20190216144918j:imageこちらは北海道は支笏湖の丸駒温泉にて。鹿の多さにびっくりでした。

 

そして地元の氷瀑まつり。

 

f:id:spiralout:20190216145646j:image
確かvscoというアプリでこの写真はマンスリーピックアップに選ばれました。でも何が良いのかわかりません(笑)。


f:id:spiralout:20190216145346j:image

 

f:id:spiralout:20190216150053j:image
f:id:spiralout:20190216150114j:image

 

スノーモービルの激走跡。

 

 

100.北の冬

f:id:spiralout:20190214211546j:image
f:id:spiralout:20190214211557j:image
f:id:spiralout:20190214211538j:image

凍てついたマイナス10度の世界。

 

凍った川にカモがいた。

 

 

xf100-400のズームレンズで静かにカモをとらえる。遠くにいるカモは気にする事なく、凍った川を歩いていた。

 

f:id:spiralout:20190214211934j:image

 

春の兆しは、まだ見えぬ。

 

それでも子供は元気よく遊びまわった。

 

f:id:spiralout:20190214212100j:image
f:id:spiralout:20190214212114j:image
f:id:spiralout:20190214212156j:image

 

冬は寒く、そう簡単にやすやすと北の地に人を踏み入れさせない。

 

だが、懐に入るこむことができたなら、人を惹きつけてやまないのだ。

 

例えそこに死があったとしても。

 

ジェイムスブレイクの新作を聞いている。

 

夕方にはえる、あの光の筋を思い出させた。

f:id:spiralout:20190214213120j:image

 

https://youtu.be/sdnD09M5uj0

 

 

 

 

 

 

 

99.今年最後の天体撮影

 

夜に牛の状態を見に行く。

 

あれだけ曇っていた空から天体が見えた。ヘッドフォンから流れる音楽はsound cloudにアップされたfour tet のlive mix。

 

写真を撮るか。どうしようかな。そういえば1ヶ月くらいなかなか曇って星の撮影をしていない。

 

でも家に戻りたくないな。

 

でも取りに行こう。

f:id:spiralout:20181231121459j:image

 

南の空。オリオン座が大きく張り出していた

 

富士フイルム XPRO2。

 

レンズは23ミリ。構図もへったくれもない。

 

夜の22時。明日は5時起きだ。

 

風呂に入って早く寝なければ。

 

f:id:spiralout:20181231121855j:image

 

北の空。うっすら北斗七星。

 


f:id:spiralout:20181231122106j:image

f:id:spiralout:20181231134817j:image

f:id:spiralout:20181231141817j:image

 

上が西の空。下の写真が北西の空。

 

f:id:spiralout:20181231141932j:image

 

オリオン座が美しい。

 

2ヶ月前は東の空だったのに、今はこの時間は南の空だ。

 

少し湿気のある空。ボヤけて見えるが、これくらいが実は幻想的に写ったりする。

 

four tet のミックスが最高でどこまでも星空に寄り添う。

 

https://youtu.be/hj9K68SulqI

 

https://m.soundcloud.com/four-tet/lost-village-25th-august-2018

 

トライバルなビートからパールジャムの曲に流れるとか最高。

 

f:id:spiralout:20181231151333j:image倉庫の裏側。窓に届く雪。

 

北の空に向けて、北斗七星が見える。
f:id:spiralout:20181231151345j:image

 

牛に食べさせる牧草はパックにして外の暴風対策にしてる。

 

南の空のオリオン座。


f:id:spiralout:20181231151326j:image

 

北の空へのびる天の川がうっすらと。


f:id:spiralout:20181231151351j:image

 

カメラのバッテリーがなくなってきた。

 

雲も出てるしバルブでスタートレイルは諦めていた。

 

夏は一枚もスタートレイルは撮らなかった。天の川がのびるとちょっと汚いというかな。冬は天の川は潜むので撮るようにするが。

 

レンズはxf23mm f値は-3、約20分ほど回す。

 

風呂上がりに止める予定だ。

 

個人的に長く回してやるよりも20分くらいが好きだったりする。

 

花が咲いたような感じになるからだ。

 

スイッチを入れて家に帰る。

 

f:id:spiralout:20181231154733j:image

 

風呂に入って防寒具を着てカメラの元へ。

 

一瞬で髪が凍ったw。

 

オリオン座が美しい。

 

予備のバッテリーを入れて最後に一枚。

 

f:id:spiralout:20181231154930j:image

 

失敗だ。まぁいいか。

 

今年最後の天体撮影は、何度も撮った自分の家の敷地内で。

 

そういうものなのだろう。

 

歩きながら、ボチボチな年だったと思った。

 

写真撮影もなにもかも。ボチボチだ。

 

そして星を見ながら思う。

 

晴れないかな。また明日も撮影ができればな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

98.辿る道

f:id:spiralout:20181229215017j:image

 

寒さなど関係ない。本人は新幹線のつもりでも歩いてる。

 

f:id:spiralout:20181229215128j:image
f:id:spiralout:20181229215142j:image

 

付き合う俺もなんだか嬉しい。

 

f:id:spiralout:20181230145736j:image
f:id:spiralout:20181230145806j:image

 

ポケットに入っていたみかんを取り出してあげると、大喜び。

 

さぁ、ここからは俺の出番。

 

f:id:spiralout:20181230145948j:image

 

ソリに子供を乗せて、蒸気機関車は歩く。

 

f:id:spiralout:20181230150051j:image

 

頂上まで辿りつき、蒸気機関車は倒れこんで歩みを止めた。

 

 

子供は新幹線、新幹線と言ってはしゃぐ。

 

背中を押した。

 

新幹線は一気に傾斜地を滑り、子供のはしゃぐ声だけがあたり一体に響き渡った。

 

f:id:spiralout:20181230150413j:image

97.冬の訪れ

f:id:spiralout:20181123222615j:image
f:id:spiralout:20181123222635j:image
f:id:spiralout:20181123222625j:image

 

ゆっくりと冬が訪れることはなく、いきなり雪が降り積もった。

 

f:id:spiralout:20181123222854j:image
f:id:spiralout:20181123222913j:image
f:id:spiralout:20181123222843j:image

 

子供には寒さなど関係なく、朝の9時から13時までひたすらに遊んだ。


f:id:spiralout:20181123223420j:image

 

f:id:spiralout:20181123223626j:image

 

冬が来た。

 

あれだけ冬に泣かされてるというのに、また来ると、嬉しくなる。

 

どんなに泣かされても、冬が好きなのだ。

 

f:id:spiralout:20181123224053j:image

 

子供のように。


f:id:spiralout:20181123224045j:image

 

冬が来た。

 

 

 

96.スナップpt.3

f:id:spiralout:20181104215953j:image

 

家は農家、酪農をやっている。

 

放牧もついに明後日で終わりだ。

 

正直今年は暖かく、11月になっても放牧できるのは初めてだ。

 

いつも10月20日にはやめる。しかし今年はまだ、草が緑だ。暖かい。


f:id:spiralout:20181104215943j:imageとはいえ、牛はそんなに乗り気ではない(笑)。

 

もう山に登るのは面倒なのだ。

 

草はあるとはいえ、足を稼がなければ、草はない。

 

それくらいならば牛舎で草をもらった方が楽ではある。

 

でもここの酪農家のボスは厳しい(笑)。

 

外に出す。f:id:spiralout:20181104220807j:image
f:id:spiralout:20181104220840j:image
f:id:spiralout:20181104220826j:image
f:id:spiralout:20181104220850j:image

 

今は隣で作っているビート、砂糖の原料の収穫作業の機械のオペレーターをやっている。

f:id:spiralout:20181104221138j:image
f:id:spiralout:20181104221353j:image
f:id:spiralout:20181104221240j:image

 

ほとんど動画だからアップできないのが残念だ。

 

しかしあっという間だ。

 

放牧は五月に始まったが、なんだか昨日の事のようだ。

 

f:id:spiralout:20181104222409j:image

 

この写真を撮ったのをよく覚えている。

 

本当に早いもので、もう放牧も終わり。

 

隣の畑耕しだって深夜二時までやって次の日の朝5時にまた耕してるのを見て、いくらなんでも働きすぎだと缶コーヒーを持って行ったのを覚えている。

 

 

 

もうそれも終わりだ。

 

f:id:spiralout:20181104223042j:image

 

酪農家から若い牛を集めて育てる町の委託牧場があるが、それも終了した。

 

 

少しずつ農作業が終わろうとしている。

 

ゆったりと時間が流れる。忙しい日々もゆるくなってくる。

 

f:id:spiralout:20181104221628j:image
f:id:spiralout:20181104221647j:image
f:id:spiralout:20181104221657j:image

 

写真を撮る時間が増えるといい。

 

子育て中だから、なかなかうまくいかないが。

 

それはそれでいい。

 

f:id:spiralout:20181104223920j:image
f:id:spiralout:20181104223910j:image

 

近くの川に鮭が帰って来ていた。

 

 

命を投げうつ。新しい命をつなぐために。

 

帰ってきて、水を飲みながら腰掛けた。

 

窓から光が差し込んでいた。

 

f:id:spiralout:20181104224255j:image

 

美しいとはなにか。綺麗とはなにか。

 

死とはなにか。

 

命とは。

 

光が溜まった水を飲みほした。

 

子供が駆け寄る。

 

遊んで欲しいと言いながら。

 

f:id:spiralout:20181104225048j:image

 

空の下、大地の上、子供の笑い声が響いた。

 

https://youtu.be/u7K72X4eo_s